会議に参加するはmakeで表現

あるプロジェクトに関して、アメリカのエンジニアと電話会議を2週間に1回行っているのですが、参加者の一人から下のようなメールが来ました。

I can’t make this meeting today.

文面からすると会議に参加で無いんだな~と言うことはすぐに分かりました。でも、make はどんな意味で使われているんだろう?

makeといえば、最初に思いつく意味が『作る』ですよね。make this meeting で会議を作るでは違和感があります。調べてみるとmake it 『時間に間に合う』とか『都合がつく』という意味になるようです。

参考>I want to make the last train. 終電に間に合わせたい
参考>Can you make the deadline? 締め切りに間に合いますか?

受け取っはメール『今日の打ち合わせは都合がつかないから参加できない』という意味になります。

今更ですが、make っていろんな意味があって、便利な単語だな~。make を作るだけで覚えるのはもったいないです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

人間ドックはdockを使った和製英語|正しくはmedical checkup

NO IMAGE

仕事上の問題を表すproblem、issue、concernの違い

NO IMAGE

to some extent は『ある程度』|使い方は?

NO IMAGE

付加疑問文は普段の会話に使える便利な表現

NO IMAGE

電気のありがたみを感じた英語レッスン|停電中に英会話

NO IMAGE

effectとinfluence の違いは?|どんな影響?