大阪選手のAマッソへのツイートから英語を学ぶ

大阪なおみ選手が、Aマッソの差別的発言に対して、これ以上無いってくらいの上手い返しをしていましたね。

Aマッソのネタを見たわけではないので、詳しくは分かりませんが、

『薬局にあるもので、大阪なおみ選手に必要なものは?』という問いかけに

『漂白剤。あの人日焼けしすぎやろ!』とのボケ。

前後の流れが分からないのでなんとも言えませんが、たぶんアウトでしょうね。

Aマッソの謝り方がなってないとか日本人は人種差別に疎いとか色々コメントがあるようですが、それは他の人に任せて。

このブログでは大阪選手の英語コメントについて解説したいと思います。

大阪選手のtwitterでのコメント

“Too sunburned” lol that’s wild.
『日焼けしすぎ』って(笑) また突拍子も無いことを。

Little did they know,
彼女たいちは、ほとんど知らないんだね

with Shiseido anessa perfect uv sunscreen I never get sunburned
資生堂のアネッサ日焼け止めを使っているから、私は日焼けしないんだよね。

凄い。感情的にならず、上手にコメントして、さらにブランドアンバサダーである資生堂の商品を紹介するとは。

このツイートで、資生堂、アネッサの名前が世界中に伝わりましたね。

それでは、大阪選手の英語コメントの解説

・”lol” これは日本語の『笑』のようなもの。laugh out loud『大声を出して笑う』を略したものです。

・”that’s wild” wildには野生の意味のほかに、『すごい』『やばい』『とっぴな』という意味があります。

・”Little” は、a little で『少しの』という意味ですが、a を付けないと否定的用法となり『ほとんどない』という意味になります。

・”with” は、道具や商品の前に付くと『~によって』『~を用いて』という意味になります。

・”never get sunburned”は、”never”は『決して~無い』、”get +過去分詞”で『(~の状態に)なる』という意味なので、『決して日焼けしない』となります。

日本人がこのような表現をするのは難しいですよね。主語が無かったり、文章の順番が違っていたり、見慣れない表現を使ったり。

英語ネイティブのツイートを見るだけでも、英語の勉強になりますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

初詣は英語で何?shrine と temple どっち?

NO IMAGE

良い関係を築くを英語で|rapportとrelationshipの違い

NO IMAGE

予想外を表すunforeseen | unexpectedとの違いは何?

NO IMAGE

a lot of とmany muchの違い|会話によく出てくる表現

NO IMAGE

冬が近づいたきたなJust around the corner.|季節の変わり目...

NO IMAGE

お先にどうぞは英語|頻繁に使われる2つの表現