仕事を進めるには妥協(compromise)も必要

同じ会社でもポジション、グループによって考え方や行動が異なるという内容のレッスンでした。
会社は大きく分けて3つのポジションに分けられるそうです。
・operators 商品やサービスを扱うグループ
・engineers データや技術を担当するグループ
・executive 管理するグループ

確かに私の会社でも、グループにより考え方が異なって、頻繁にconflict(論争)が起こります。ただ、みんな会社を良くしようと思っているから論争が起こるわけですからね。(ときどき違う人もいますが)

なので、仕事を進める上ではある程度の妥協も必要ですね。と言うわけで今回のレッスンで習った単語は
compromise 意味:妥協、歩み寄り

今日のレッスンは、お気に入りで何度もレッスンを受けている先生を選びました。1レッスン25分なのですが30分を過ぎても、レッスンが終わらず、もう終了の時間じゃないのとこちらから伝えました。

そしたら、時間が空いているのであればもうちょっとレッスンすると講師から提案してもらえました。もちろんレッスン延長をお願いして、最終的には40分くらいレッスンをしてもらいました。

今回の件は特別ですが、講師と仲良くなれると良いことがあるものです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

限りはas long as、as far as|違いは何?

NO IMAGE

When not in useは『使用していない時』|あれっ主語が無い

NO IMAGE

findの意味は見つけるだけではない|便利な使い方??

NO IMAGE

エンチャントの意味は?マインドクラフトから英語を学ぶ

NO IMAGE

顧客からの要求はrequest それとも require?|単語の意味の違い

NO IMAGE

関係を悪くして(to sore)後悔をしないためにも