思った以上と伝えるには比較級 than I thought

仕事をしているとスケジュールを立てたり、費用を計算することがよくあります。でも、思った以上に時間がかかってしまい、『時間の見積もりが甘かったな~』と反省することがときどきあります。

そんな『思ったよりも難しかった、思ったよりも時間がかかった』と上司や同僚に伝えるときの表現『思ったよりも〇〇』を調べました。

よく使っているのが It was 比較級 than I thought ですね。

It was harder than I thought.(思ったよりも難しかった。)
It took more time than I thought. (思ったよりも時間がかかった)

I though の変わりに I expected (予想した)を使うこともあります。

He was better than than I expected.(彼は思ったよりも良かった)
The loss was less than I expected.(損失は思ったよりも少なかった)

予想以上にと伝える他の表現

beyond (~以上に、範囲を超えて)を使い “beyond my expectations” とすると『私の予想以上だった』と表現することも出来ます。

The hotel was beyond expectations.(そのホテルは、予想以上だったよ)

exceed (越える)を使い “exceed my expectations” としても同じような意味になります。

The result exceeded my expectations.(結果は、私の予想を超えていた)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

不在を伝える自動応答のメール|どんな風に書けば良いの?

NO IMAGE

メールの文末Please let me know|何かあったら知らせてください

NO IMAGE

イメージimageの正しい使い方|ジョンレノンから教わる

NO IMAGE

影響するaffect と influenceどっち|直接か間接かによって使い分け

NO IMAGE

2次元の図形を英語で表現|簡単な図形さえ知らなかった

NO IMAGE

I take it には考える(think)の意味もある