スポンサーリンク

同じかどうか確認して|簡単な単語しかないのに難関なメール

毎日、何通かは海外からメールが送られてきます。自分が宛先のもの、CCとして送られてくるもの、ニュースレター的なもの色々あります。

自分宛のものは当然ながらしっかり読みますが、CCやニュースレターもしっかり読んでいます。内容的には関係ないものもあるけど、英語の勉強のため。

以前は、1通受け取るだけでも気がめいってたのに、自ら読むようになるとは成長したものです。
ちょっと無理してでも、英語に触れることは大切ですね。
今日も短いメールだったけど、5通くらい受け取りました。その中で勉強になったのが下の文章。

Please have a look this data and make sure this is in line with your data.

have a look A
Aの内容をチェックして。書類などをチェックしてもらい時に使います。

make sure B
Bを確認して。

be in line with C
Cと同じ

ということで、今回のメールの意味は
このデータをチェックして、あなたのデータと同じことを確認してください。でした。
簡単な単語しか使っていないのに、慣れていないと理解するのはなかなか難しかった。

タイトルとURLをコピーしました