2020-02

英語表現

再確認するは英語でdouble check|一人でもダブル

仕事をしていると、間違いがないように、抜けがないようにダブルチェックをすることがあります。 このダブルチェックは、アメリカ人との会話の中やメールの中でも目にすることがよくあります。 ちなみにアメリカ人は、ダボーチェック と発音し...
メールの書き方

クレームを英語メールで伝えるときに使える表現

仕事をしていると、どうしても文句を言いたくなる瞬間ってありますよね。依頼した商品が納期に間に合わなかったり、聞いていた話と違っていたり。 日本国内であれば、ちょっと気がひけるかもしれませんが、電話やメールで苦情を伝えることは可能です。...
英語表現

『~したほうが良いよ』は英語で何て言う?使える5つの表現

会社でも友達どうしても『~したほうが良いよ』何かをおすすめしたり、アドバイスしたい場面があると思います。そんなとき、英語では何と言えば良いのでしょうか? have to, had better, should などの表現が思いつくかも...
メールの書き方

メールでお願いするときの英語|丁寧な表現で不快感を与えない

仕事をしているときに、相手に依頼をすることがよくあります。書類やデータを送ってもらったり、アメリカ人に英語の添削をお願いするなど。 そんなとき、どうやって依頼をしたら良いのか迷ったことはありませんか? お願いの仕方を間違ってしま...
メールの書き方

やんわり催促するメールの書き方|リマインダーメールの内容

仕事をしている人なら誰でも経験したことがあると思いますが、同僚や仕事仲間に「データや書類を送って」と依頼したのになかなか送ってもらいえないこと。 特に、その書類を期日までに客先や上司に提出しなくてはいけないとき、焦り、イライラしますよ...
英語表現

so that構文で長い文章が作れるようになります

so that 構文は、アメリカ人と話していると頻繁に出てくる表現です。この表現を使えるようになると、長い文章を作ることができるようになります。 日常会話だけでなく、メールやスピーチ、プレゼンのときにも使えるとても便利な表現です。簡単...
英語表現

in order to の使い方| as so to との違いは?

前回の記事で『~するために』は to 不定詞 と in order to , as so to で表現できることを解説しました。 今回の記事では in order to と as so to の使い方についてもう少し細かく解説します。...
英語表現

~するために~するは英語で|行動の目的を伝えたい時

英語力を上げるためにオンライン英会話を受講する、英語の参考書を買うために本屋に行ったなど、『~するために』という表現をよく使っていると思います。 では、英語では目的を表す『~するために』はどのように表現すれば良いのでしょうか?この記事...
タイトルとURLをコピーしました