2020-05

英語表現

summaryとoverviewの違い|異なる概要

商品やサービスについて説明する機会もあるかと思います。そんなとき、いきなり詳細に入るのではなく、まずは概要から入っていくとスムーズです。 概要とは、全体の要点や大まかな趣旨を示すことです。この概要がプレゼンやレポートの冒頭にあることで...
英語表現

to some extent は『ある程度』|使い方は?

同僚『あの人の言っていたこと理解できた?』 私 『ある程度はね』 仕事場でも私生活でも、具体的な割合や数字を出さずに『ある程度』と言うことが多いと思います。例えば、ある程度のお金 や ある程度の年齢 など言いますよね? この記...
英語表現

連絡するは英語で|in touchを使った表現

英語圏の人とメールをしていると、ときどき keep in touch という表現を目にします。 keep も in も touch も簡単な単語ですが、この表現を知らないと意味が理解できないかもしれませんね。意味は、『連絡を取り合う』...
英語表現

the otherとanotherの違いは?othersは?

other と another を直訳すると『他の』と同じ意味になりますが、若干ニュアンスが異なります。 さらに、other は others、the other、the others という使い方があり、それぞれ使うシチュエーション...
英語表現

hearとlistenの違いと使い分け|簡単な覚え方

前回の記事では『見る』look, see, watch の違いについてまとめたので、今回は『聞く』hear listen の違いについてまとめました。 listen と hear は、どちらも日本語では『聞く』ですが、若干の違いがあり...
英語表現

見るは see, watch, look どれ?|意味の違いは?

目を使って何かを捉えるとを日本語では『見る』『観る』『診る』があるように、英語にも複数の単語があります。よく使われるのが look、 watch、see の3つです。 ちなみに、日本語の『見る』は目で捉えること全般に使われ、『観る』は...
英語表現

置く set・put・placeの意味と使い方の違いは?

『置く』という意味を持つ一般的な単語には put と set があります。何が違うのかと改めて聞かれると、なかなか説明は難しいです。 ほぼ同じような意味で使われますが、若干ニュアンスが異なります。この記事では、put、set の他に ...
英語表現

到着するarriveとreach の違い|get toは?

『~に到着する』を英語で表現する際には主に、arrive、reach、get が使われます。どの単語を使っても、相手に言いたいことを伝えることは出来ます。 ただし、少しだけニュアンスの違いがあるので、この記事ではそれぞれの単語意味と使...
英語表現

arrive at/on/in 違いは?|前置詞の使い分け

arrive は、英語を習い始めたばかりの頃に出てくるシンプルな英単語ですが、使い方を間違っていることが多いです。arrive の後には、例外もありますが、基本的に前置詞が続きます。 arrive の後に続く前置詞には、at、in、o...
英語表現

特徴を表す英単語の使い分け|characteristic、property?

日本語で『特徴』と言えば、人の正確や見た目、モノの性質など様々な場面で使えます。しかし、『特徴』を和英時点で調べると、色々な単語が出てきます。 characteristic、property、quality、feature ・・・ ど...
タイトルとURLをコピーしました