R発音のコツは下の力を抜くこと

英語の発音って難しいですよね。英語ってとにかく舌をたくさん動かすけど、日本語はほとんど舌を動かさないですからね。

THは上の歯と下の歯で下をはさみ、Rは舌を口の上部に付ける、Lは舌を前歯の裏につけて発音する。本を読んだり、動画を見たりして理解はしたけど、なかなか思ったとおりに舌が動きませんでした。

そんな時、オンライン英会話の講師から『Rの発音は、舌を口の上につけて、振動させるようにするんだよ』と教わり、練習してみました。

最初はいくらやっても舌が振動しなかったんですが、何回も練習していると時々、舌が振動することがありました。色々試していたら、コツが分かりました。

それは、舌の力を抜くことです。

たぶん、これはかなり重要なことじゃないかなと思います。今日のオンライ英会話で舌の力を抜いて、テキストを音読していたら講師から『舌がスムーズに動いているね。』褒められましたからね。

でも、褒められた後は、逆に意識しすぎて音読はボロボロになりましたけど。もっと練習して意識しなくても、舌が自然に動くようにすることが必要なんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました