afraidの意味は残念ながら『怖い』だけではない

“I am afraid ~” を正しく使えていますか? afraid を『怖がる』や『恐れる』とだけ覚えていると、文章の意味を正しく理解できないことが多々あります。

もちろんafraid には『怖がる』という意味がありますが、後に続く文章によって違う意味を表現することができる表現です。

この記事では、afraid の意味と使い方について解説しているので参考にして下さい。

I am afraid + of / to:~を怖がる

afraid を『~を怖がる』という意味で使う場合には、I am afraid of ~ もしくは I am afraid to ~ という形で使います。

英英辞典で調べると
frightened because you think that you may get hurt or that something bad may happen
『傷ついたり、何か悪いことが起こると考えるため怖がる』とあります。

<例文> be afraid of ~を怖がる
He is afraid of heights.
『彼は高いところを怖がる(高所恐怖症です)』

I was a little afraid of him when I first met him.
『私は彼に初めて会ったとき、少し怖かった』

Do not be afraid of making mistakes.
『失敗を恐れるな』

<例文> be afraid to ~することを怖がる
Don’t be afraid to share your idea.
『あなたの考えを共有することを怖がるな』

You are afraid to be rejected by others.
『他人に拒絶されることを恐れます』

I am afraid that:残念ながら~だと思う

afraid の後に続くのが前置詞ではなく that の場合は、怖がるではなく、『残念ながら~だと思う』となります。

~だと思うは I think となりますが、I am afraid にはネガティブなことを伝えるときに使うので、『残念ながら』や『せっかくですが~』という意味が込められます。

英英辞典で調べると
used to politely tell someone something that may annoy, upset, or disappoint them
『誰かを動揺させたり、失望させるかもしれないことを丁寧に伝える』とあります。

<例文>I am afraid (that)
I’m afraid I can’t help you.
『残念ながら、手助け出来ないと思います。』

I’m afraid we’ll have rain tomorrow
『残念ながら明日は雨かもしれません。』

A:Can you join the meeting tomorrow?
『明日の会議に参加できますか?』
B:Sorry I’m afraid I can’t. I will be on a business trip.
『出張なので残念ながら参加できないと思います。』

タイトルとURLをコピーしました