すべてを表すall whole entire の違い

all, whole, entire は day が続くとほぼ同じ意味になりますが、後に続く名詞によっては意味が変わります。

  • all は複数あるもの全部を指します。
  • whole は1個のものに対して全部を指します。
  • entire はwholeと同じで、1個のものに対して全部を指します。

例えばcake『ケーキ』が続くと

My mother baked all the cakes. そのケーキは全部、母親が焼いた。

He ate the whole cake. 彼はケーキ丸ごと一個食べた。

ケーキ丸ごと一個のことをホールケーキって言いますよね。あのホールが whole です。

よく例文を見てもらうと分かるのですが
all の場合は 複数形の名詞が続いて、whole の場合は、単数形の名詞が続きます。entire の場合は、whole と同じで単数形の名詞が続きます。

book を使った例文
I sold all the books. 私の複数あった本を全部売った。

I read the whole book. 私はその本を全部読んだ。

I have memorized the entire book. 私はその本を全部暗記した。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

安否を確認する英語表現|みんな大丈夫は何て言う?

NO IMAGE

到着するarriveとreach の違い|get toは?

NO IMAGE

風邪を引いてから治るまでを英語で表現|引きやすいは?

NO IMAGE

英語のストイックは意味が少し違う|私はストイックと言うには

NO IMAGE

新幹線の車内放送で英語を学ぶ

NO IMAGE

Studyには研究の意味もある|Learnとの違いは?