as if まるで~かのように|if を使った表現(5)

as if ~ は『まるで~かのように』『まるで~しているかのように』 という意味になります。

英英辞典にはin a way that makes it seem that something is true or that something is happening
それがまるで真実のように、起こっているかのように思わせる方法 とあります。

As は 『同じように、同様に』という意味で使われています。
If は 仮定法を表しています。つまり、If の後には現実とは異なることが入ります。仮定法なので動詞は過去形となります。

as if 主語+過去形の動詞 で『(実際にはそうではないけど)まるで~しているかのように』 となります。

<例文>
He talks as if he did not know everything.
彼は何も知らなかったかのように話す
(解説)if の後にくる動詞が does ではなく did と過去形になっているので、現実とは違うことを意味します。なので、本当は知っているのに知らない振りをしていることになります。

She talks me as if she were my mother.
彼女は母親であるかのように話す
if の後が were と過去形になっているので、仮定の話になっています。is の過去形は was ですが、仮定法なので were となります。

He was behaving as if nothing had happened.
彼は何事も無かったかのように振舞っていた

まとめ
as if 主語+動詞の過去形 で『まるで~かのように』 if の後は仮定形なので、現実とは違う話になります。

ちなみに as though という表現も意味はほぼ同じ意味、同じ使い方が出来ます。

細かく調べると if の方がより仮定の意味が強いみたいです。though は実際に起きている可能性が若干強いときに使うようです。

まっ、意味はほぼ同じなので as if だけ使えれば良いのではないでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

NO IMAGE

『~したほうが良いよ』は英語で何て言う?使える5つの表現

NO IMAGE

rather の意味と使い方|思ったよりも簡単で便利な単語

NO IMAGE

Appreciate には『感謝する』以外の意味があります

NO IMAGE

コストダウンは和製英語|正しくはcost reduction

NO IMAGE

電気のありがたみを感じた英語レッスン|停電中に英会話

NO IMAGE

a lot of とmany muchの違い|会話によく出てくる表現