スポンサーリンク

アメリカ出張で学んだこと|今後の学習計画

先日、2週間のアメリカ出張から帰ってきました。仕事だけでなく週末にフェリーに乗ったり、街中を歩き回るなどしてたくさんの良い経験をしてきました。

2週間、仕事中はもちろんのこと朝起きてから夜寝るまで英語にどっぷりだったわけなので、さぞかし英語が上達しただろうと思いきや上達している気がしない(汗)

出張前は、帰国したときには生まれ変わったようになっているんだろうな~と期待していましたが、単なる妄想に過ぎず・・・

帰国後に受けたオンライン英会話では、いつものようなたどたどしい英語。悲しいものです。

英会話の講師も『2週間じゃね~そんなに変わらないよ。』と言っていました。やっぱり英語習得には膨大な時間がかかるな~と改めて実感。

とはいっても2週間アメリカ生活を乗り切ったので自信はつきました。それに、英語学習へのモチベーションも上がり、どの部分を改善すれば良いのかも明確になりました。

明らかになった問題点
1.オンライン英会話やリスニング教材、英語学習者向けのYOUTUBEが理解できても、ネイティブ同士の会話は全然理解できない。

本当の英語が聞き取れるように映画やドラマを使って、リスニング力を鍛える。

2.同じような表現しか出来ない

決まった単語、文法ばかり使うので会話が単調になってしまう。表現の幅を広げるために、英語で書かれた本を読む。

3.声が小さく、何度も聞き返される

自信の無さも影響していると思うが、発生が上手く出来ていない。口の形や舌の位置を気にすることも重要だけど、息の出し方の練習も必要。

1~3インプットをしながら、オンライン英会話でアウトプット。今まではアウトプットに重点を置いていたけど、これからはインプットの比重を増やしてみようかな。

タイトルとURLをコピーしました