『思ったよりも』を英語で伝える|比較級を使って表現

TOEICなどの試験を受けたとき 『思ったよりも難しかった~』とか、出張のときふと入ったレストランがおいしくて『思ったよりおいしかった~』と言うことがありますよね。

そんな話を英語で伝えるには、なんと言えばいいのでしょうか?

思ったよりも〇〇だったと伝えるためには、比較表現(比較級)を使います。

比較級は形容詞や副詞の語尾にer、もしくは形容詞や副詞の前にmore をつけます。ただし、good は better 、bad は worse に変形します。

そして、思ったよりもは than I thought 、than I expected で表現することが出来ます。

ちなみに、thought と expected の違いは、

thoughtは、思ったや考えたという意味、expected は、予想したや期待したという意味なので、ほとんど同じですね。厳密に言えばニュアンスは違いますが、どちらを使っても通じます。

日本語でも『思った以上に』『予想した以上に』と言われても、ほとんど同じ意味と受取りますよね。深く考えずに使いやすいほうを使いましょう。

<例文>

『思ったよりも良かったです』

・It was better than I expected (thought).

『昨日は思ったよりも寒かったです』

・It was colder than I expected(thought) yesterday.

『TOEICは思った以上に難しかった』

・TOEIC was more difficult than I thought.

『そのスタジアムは思ったよりも大きかった』

・The stadium was bigger than expected.

(SNSを見ていると、than の後に続く主語を削除している人が多いです。個人的なことを発信しているので、主語が無くても通じるからでしょうね。)

『このイベントは思ったよりも楽しかったよ』(写真を見せながら)

・This event was more fun than expected.

『魚料理は思ったより少し辛かった。』
・Fish dishes were a little spicier than expected.

a little が付くことで『少し、ちょっとだけ』という表現にすることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました