スポンサーリンク

crucialとimportant の違いを知ることは重要

それは重要ですと英語で伝えたいときは “important” を使うことが多いと思います。

仕事関連のメールには、ときどき “crucial” という単語が使われている場合もあります。

どちらも『重要な』という意味ですが、何が違うのでしょうか?

important と crucial の意味は?

それぞれの単語を英英辞典で調べました。

important
have a big effect or influence on people’s lives or on events in the future
『人々の生活や将来の出来事に足して大きな影響があること』

crucial
It is extremely important, because everything else depends on it
『他のものがそれに頼っているためとても重要』

important は『重要な』という意味で、様々な場面で使える単語です。

crucial の意味の中にも important が含まれているので、crucial は important に書き換えても問題ありません。

crucial は、それが有るか無いかによって、成功するかしないかが決まる重要なこと という意味になります。

<例文>
・It is crucial that you study English everyday.
『毎日英語を勉強することは重要です』

・It is crucial that you understand the importance of leadership skills to build a strong team.
『リーダーシップスキルの重要性を理解することは、強いチームを作るために重要です。』

– リーダーシップは重要(どんな場面でも重要)
– リーダーシップの重要性を理解していることが、強いチームを作る鍵になる(知らないと強いチームは作れない)

まとめ
・重要と言いたい場面では important を使えば間違いない

・成功するために欠かせないこと!と強調したいときには crucial

タイトルとURLをコピーしました