スポンサーリンク

made ofとmade fromの違い|~で作られている

家具や建物、食べ物、薬など商品の説明をするときに、『これは木製です』とか『お米から作られています』など材料を伝えることがありますよね。

そんな時に使う表現が made of もしくは made from です。例えば、

・The desk is made of wood.
その机は木で出来ています。

・This jacket is made of leather.
このジャケットはレザー製です。

・Sake is made from rice.
お酒は、お米から作られています。

・Yogurt is made from milk
ヨーグルトは牛乳から作られます。

made of と made from の違いは?

どちらも『~から作られる』ですが、出来上がったものと材料との関係によって使い分ける必要があります。

made of
of には、一部分という意味合いがあります。例えば A of B であれば、A は B の一部であって、切っても切れない関係にあります。そのため、材料や原料が分かりやすいものについて使われます。

The desk is made of wood. であれば、『その机は(見れば分かるように)木から作られています。』となります。

made from
from には、起点、出発点から離れた位置にあるという意味合いがあります。例えば A from B であれば、A は B からやってきた、A は B 出身ですとなります。
そのため、材料や原料が見ただけでは分からものについて使われます。

Sake is made from rice.であれば、『お酒は(ぱっと見わかりませんが)お米から作られています。』となります。

タイトルとURLをコピーしました