スポンサーリンク

メリークリスマスと言って良いの?キリスト教教以外の人に

先日、今年最後のアメリカ人スタッフとの電話会議を行いました。会議が終わるときにちょっと気の利いたひと言を、と思い

『Merry Christmas!』 と言ってみました。

相手からは『Thank you!』と返事が来ました。

でも、ちょっと不安に思ったのが、もしかしてMerry Christmas は12月24日のクリスマスイブや25日のクリスマスだけに言うのかも?

メリークリスマスはいつ言えばいい?

どうやらメリークリスマスは12月に入ったら言っていいみたいです。友達と会ったときやクリスマス前に会うのが最後の日などに言うみたいです。

スーパーなどで買い物したときにも店員さんから言われることも多いようです。(アメリカのスーパーの店員さんは頻繁に話しかけてきますからね~。日本人の私にさえも気軽に話しかけてきました)

<クリスマスの挨拶>
Merry Christmas (友達や知人に会ったとき)
Happy Christmas (友達や知人に会ったとき) 
Have a good Christmas(別れ際に、その日がクリスマス前に会うのが最後の日に)

せっかくなのでMerry Christmas を英英辞典で調べてみました。

Merry の意味は単純に happy

Christmas は the day when Christians celebrate the birth of Christ(キリストの誕生をお祝いする日)とありました。

Christmas の語源についても調べました。 Christ はキリスト、 masはmass(ミサ)の短縮形で儀式という意味でした。

キリスト教以外の人に対しては

オンライン英会話のレッスンが終わるときに Merry Christmas と言おうと思った瞬間、『あっ、講師がキリスト教じゃなかったら失礼かも』と思いました。

フィリピン人の多くはキリスト教らしいのですが、もし違う宗教だったら失礼ですよね。クリスマスはイエス・キリストの誕生日を祝う日なのでキリスト教以外の人には、本当はなんでもない日ですからね。

私はキリスト教じゃないし!(怒)なんて怒られたりして。宗教にあまり馴染みが無いのでハッキリは分かりませんが。

なので、世界では Happy Holidays と言うことが多くなっているみたいです。クリスマスの前後には、他の宗教でもお祝い事が多いらしいので、これで問題ないようです。

タイトルとURLをコピーしました