ネゴシエーション①|心構えとアプローチの仕方

ネゴシエーションと聞くと、好きだという人は少ないですよね。私も苦手というか嫌いです。かといって、仕事上でネゴシエーションは避けられないです。

そこで、オンライン英会話のテーマの中にネゴシエーションが合ったので、勉強してみました。

A lot of people are afraid of negotiations.Because we have this image fighting, winning and losing.But topic of negotiation is much deeper.
多くの人はネゴシエーションを怖がります。その理由は、ネゴシエーションについて戦い、勝ち負けというイメージを持っているからです。でも、ネゴシエーションのトピックはもっと深いです。

1.ネゴシエーションを理解すること_Understanding Negotiations
まず、ネゴシエーションは、勝ち負けのゲームではない。単なる合意を得るためのプロセス。みんなが納得する最適な答えを探すためにもクリエイティブ、柔軟になること。

Negotiating isn’t a win-or lose game.It is simply the process of reaching an agreement.It’s about being creative and flexible with the purpose of finding the best solution so that everyone wins.

だましたり、戦略的になるのではなく、お互いが納得する答えを探す単なるプロセスと考えるとちょっと気が楽になりますよね。勝ち負けでないということがポイントですね。

2.ネゴシエーションのアプローチの仕方_Selecting Your Negotiation Approach
ネゴシエーションのアプローチには5タイプある。そして、相手との関係性、ネゴシエーションの結果の重要性によって最適なアプローチ方法を選ぶ。

There are 5 approach in a negotiation.And we need to select an appropriate approach depend on the importance of the relationship and the outcome.

アプローチ1.AVOID : Relationship and outcome are not important
ネゴシエーションを避ける:相手との関係も結果も重要でない

アプローチ2.COMPETE : Outcome is important
競い合う:結果がとにかく重要。相手との関係は二の次

アプローチ3.ACCOMMODATE : Relationship is important.
相手に譲る:相手との関係が重要で、結果は重要ではない

アプローチ4.COLLABORATE : Relationship and outcome are important
コラボする:相手との関係も結果も重要

アプローチ5.COMPROMISE : Middle ground
妥協する:微妙な具合

ネゴシエーションの方法には、個性が影響することが多いです。しかし、本来は相手との関係性や求める結果によってアプローチを変えるべきだそうです。

ネゴシエーションが始まる前に、どのアプローチを使うのか決めておくのはネゴを有利に進められそうですね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

置く set・put・placeの意味と使い方の違いは?

NO IMAGE

提案内容を決めるときに使えるcloseを使った表現

NO IMAGE

『以下の通りです』を英語で|follow と below

NO IMAGE

予想するは英語で何?|expect 、anticipateそれともpredict

NO IMAGE

tell と distinguish の違いは?|どちらも見分けるという意味だけ...

NO IMAGE

はまっているものは何?を英語でWhat are you into?