時間と共に変化する経年変化を表すover time

今回紹介する英語表現は “over time” です。この表現はover と timeの間にスペースがあるか、無いかによって意味が変わってきます。

スペースがない overtime は残業と言う意味になります。例えば、『今日は残業した』といいたい場合は  I worked overtime today. となります。

最近は働き方改革と言われて”No 残業 day”を作った会社も多いのではないでしょうか 残業しないで、早く帰りましょうという日ですが、これは英語では No overtime day. となりますね。

こんな日を作らないと定時で帰れない人たち、帰りたがらない人がたくさんいるんでしょうね。変な社会ですね。働きたい人は働いて、早く帰りたい人は早く帰れば良いのに。

スペースがある over time は時間と共に という意味になります。例えば、生鮮食品は時間と共に新鮮さを失う Food lose freshness over time  となります。

over time はそれぞれの単語は簡単ですが、『時間と共に~』を英語に訳すのは、なかなか難しいですよね。でも、一度覚えてしまえば、意外と使える表現かもしれません。

<例文>
・change over time  時間と共に変化する
・grow over time  時間と共に成長する

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

落ち着いて対応するは with composureで表現

NO IMAGE

良く使われる-ly が付く副詞|細かなニュアンスが伝わる

NO IMAGE

『~の中で』はinとofどっち?後の単語により変わります

NO IMAGE

受取るはreceive,get,take,acceptどれを使う?

NO IMAGE

会話の輪の中に入れる|keep someone in the loop

NO IMAGE

might as well で軽い助言|やってみても良いんじゃない|