見るは see, watch, look どれ?|意味の違いは?

目を使って何かを捉えるとを日本語では『見る』『観る』『診る』があるように、英語にも複数の単語があります。よく使われるのが look、 watch、see の3つです。

ちなみに、日本語の『見る』は目で捉えること全般に使われ、『観る』は何かを集中して見ると、『診る』症状や健康状態を確認するという意味で使われます。なんとなく分かりますよね。

英語圏の人たちも look、watch、see を状況に合わせて使い分けています。この記事では、それぞれの意味と使い方の違いまとめています。

1.look の意味
2.watch の意味
3.see の意味
4.まとめ

look の意味

look は目を動かして、何かに視線を合わせるという意味の『見る』です。一般的に止まっているものに視線を合わせるときに使います。

例えば、『この写真を見て』と言うには “look at the picture.” となります。ちなみに、look を使って何かに視線を向けるときには、look のあとに必ず at を付けてください。

また、look が持つ『目を動かす』という動作から、探すという意味も持っています。例えば『彼を探す』は “look for him.” となります。

look を使った例文

Look over there!
指差しながら『向こうを見て』

He quickly looked at the memo before answering that question.
『彼は、その質問に答える前に、メモをちらっと見た』

I looked for my wallet but I could not.
『財布を探したけど見つからなかった』

watch の意味

watch は、何かにじぃーっと注視するという意味の『見る』です。基本的に、目の前で動いている何か、変化している何かを見るときに使います。

なので、テレビでドラマや映画、スマートフォンでユーチューブなどの動画を見るにも使います。例えば、『彼はテレビを見ています』は “He is watching TV” となります。

また、watchが持つ『じーっと見る』という動作から、看護、世話をするという意味も持っています。例えば、『ちょっと犬を見ててもらえるかな』は”Can you watch my bogs for a while?”と言うことが出来ます。

watch を使った例文

My father always watches a baseball game.
『父はいつも野球の試合を見ています。(自宅のテレビで)』

I love watching my cats at play
『猫がじゃれているのを見るのが好きです』

Can you watch the kids while I go to the convenience store.
『コンビニに行っている間、子どもたちを見ていてくれる?』

see の意味

see は、相手が視界に入ってきて気づいたという意味の『見る』です。look のように目を動かすのではなく、watch のように注視するでもなく、対象物から視界に入ってきたときに使います。

例えば、町を歩いていて偶然に知り合いを見かけたら “I saw him”『彼を見かけたよ』となります。

また、視界に入ってきて気づくというニュアンスから『気づく』や『理解する』という意味も持っています。例えば、相手の話を聞いて『なるほど、わかった』と言いたいときには、”I see” と言います。

始めはよく分からなかったけど、説明を受けるうちに内容が見えてきたという感じですね。

see を使った例文

Can you see me clearly?(ビデオ会議やオンライン英会話などで)
『はっきりと見えていますか?』

Hello, it’s good to see you again.
『また会えて良かった』

I really want to see that new movie.
『本当に、その新しい映画を観たいんだよね』

see の例外

テレビや動画を見るときには、集中してみるという意味から watch を使うと書きましたが、see を使うことも出来ます。『映画を見る』は “see a movie” と言うことが出来ます。

see a movie と watch a movie の違いは何?
どちらも日本語では『映画を見る』となりますが、若干のニュアンスが異なります。だだ、どちらを使っても大きな違いになるのであまり気にする必要は無さそうです。

それでも、しっかりと使い分けたいと思ったら、外出して見た場合は see 、家で見た場合は watch を使ってください。例えば、『私は映画を見ました』は、

映画館に行って見ました場合は、
I saw the movie.

家でテレビやパソコンを使って見た場合は、
I watched the movies.

サッカーの試合を見たも、スタジアムに行って見た場合は see 、家でテレビで見た場合は watch を使います。

まとめ

look、watch、 see がそれぞれ持つ『見る』の意味は大きく分けると

  • Look : 目を動かして対象物に視線を合わせる
  • Watch : 対象物をじーっと見る
  • See : 対象物が視界に入ってくる

となります。もちろん例外もありますが、この使い分けができていれば、簡単な英会話には十分ですね。

タイトルとURLをコピーしました