シミラールックの意味|また間違ったカタカナ英語

新元号令和になってから天皇、皇后様の特集が多いですね。

これからの行事のことだけでなく、昔の写真を紹介したり、さらにはファッションのことまで。まるで芸能人みたいですね。

このような報道が良い悪いは別として、今回のことで天皇や歴史に興味を持つ人が増えてくれることを期待します。

そんなニュースを見ていた時に、天皇、皇后のファッションがシミラールックだというニュースがありました。

初めて聞いた言葉だったので調べてみたら

シミラールックとは、ペアルックやお揃いコーディネイトとは違い、トップなど一部を同じにすること。(wikipediaより)

完全に一緒だと恥ずかしいですが、同系色の色を使ったり、シャツの形を同じにしたりと、カップルは手軽に取り入れられますね。

そんなシミラールックの天皇と皇后様を見るのは、ほのぼのして良いですね。国民に近い天皇という感じもします。

でも、気になったのが『シミラールック』という名前。

シミラーは同じを意味する英語の similar 。英英辞典には、almost the same (ほとんど同じ)となっています。

意味はあっているのですが、これをシミラーと読んでしまう。アナウンサーがシミラー、シミラーと言ってしまう。

また、変なカタカナ英語ができてしまいましたね。

これで、これから similar を習う学生や社会人の中には、間違った発音を覚えてしまう可能性がありますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

初めてソウルミュージックにはまった『リオン・ブリッジズ』

NO IMAGE

アメリカ人はトヨタ生産方式が大好き|kanbanやkaizen

NO IMAGE

子供の宿題を見ていて気づいたこと|英会話学習と同じ

NO IMAGE

個人評価への上司のコメント|期待されながら単語を覚えた

NO IMAGE

仕事メールでいきなりballparkが出ていた|意味は野球場?

NO IMAGE

アメリカ人の生の英語に触れられるのは貴重なことだな