『いくつかの』someとseveralの違い|どの程度の数?

複数の人や物を表すとき少数であれば a few 、多ければ many や a lot が使われます。例えば

in few minutes 『数分で』
a few days ago 『数日前』

many people 『大勢の人』
lot of money『大金』

その中間であれば some もしくは several が使われることが多いです。例えば、『良い寿司屋が数軒あります。』と言いたいときは、

・There are some good Sushi restaurants.
・There are several good Sushi restaurants.

となります。some と several は、どちらを使っても『いくつか(複数)』という意味を相手に伝えることは出来ます。

しかし、同じ意味かと言われれば、若干ニュアンスが異なります。この記事では、そんな some と several のニュアンスの違いについて解説しています。

1.数を表す表現はいくつくらい?
2.some はどの程度
3.まとめ

数を表す表現はいくつぐらい?

a few、 several、 many そしてa lot of は数を表す単語ですが、全て可算名詞(数えられる名詞)に対して使われます。犬や猫、レストラン、本などが可算名詞です。

a few は『少数の』という意味で、感覚的には2~3ぐらいの数字を表します。

severalは『いくつかの』という意味です、少数ではないけどたくさんでもない、感覚的には4~6の数字を表します。

many は『たくさんの』という意味で、7~9くらいの数字を表します。

some はどの程度

some が表す数字は several と同程度ですが、4~6という具体的な数字は意味していません。もっと曖昧な『いくつかの』という意味を持っています。先程の例文を見て確認しましょう。

・There are several good Sushi restaurants.
・There are some good Sushi restaurants.

severalを使った場合は、頭の中に、数軒の寿司屋の名前を思い浮かべながら話をしています。

severalを使った場合は、頭の中に、具体的な寿司屋の名前は思い浮かべず、何軒かあったよな~と思いながら話をしています。

また、severalは可算名詞(数えられる名詞)に対して使われますが、some は可算名詞にも不可算名詞(数えられない名詞)に対しても使われます。例えば、

I have to go buy some milk.
『牛乳を買いに行かないと』

milk は、2リットル、3リットルの牛乳と具体的な量は表さず、いくつか牛乳を買うと言っています。

Someを使った表現でよく使われるのが Some ~,others ~.『~な人(もの)もいれば、~な人(もの)もいる』です。Someには具体的な人数の意味は込められず、曖昧な表現となります。例えば、

Some like coffee , others prefer green tea.
『コーヒーが少な人もいれば、緑茶を好む人もいる』

まとめ

several と some の違いは、several は具体的なイメージを持っているのに対して、some は曖昧なイメージを持っています。

something 『何か』、someone『誰か』、sometime『いつか』など some が付いたものは、どれも曖昧なイメージがあります。

今後、ぼんやりしたイメージを持ちながら話すときには some 、具体的なイメージを持っているときは several を使うようにしてみて下さい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

電気のありがたみを感じた英語レッスン|停電中に英会話

NO IMAGE

Studyには研究の意味もある|Learnとの違いは?

NO IMAGE

to some extent は『ある程度』|使い方は?

NO IMAGE

How are you以外の軽い挨拶|返事の仕方は?

NO IMAGE

Actuallyは逆のことを言うときにぴったりな副詞

NO IMAGE

ビジネスメールのFYIの意味は? |とても 便利な略語