be used to(慣れている)を正しく使えていますか?

年を重ねるごとに『まったく、最近のの若い奴は・・・』と言いたくなることが増えてきますね。でも、出来るだけ言わずに、グッと堪えるようにしています。

20代のころに『今どきの若い奴は〇〇だ』と言われて嫌な気持ちになった言葉を、おっさんになった自分が使いたくないですからね。

時代も変化し、考え方もどんどん変わるから、世代間のギャップがあるのは当然。それぞれの世代には、良いところもあれば、悪いところもありますからね。

そんな話を英会話講師としていたときに、こんな質問をされました。

What do you think about young generation?
(若い世代についてどう思う?)

私が思う若い世代の良いところは、柔軟な発想が出来るところ。悪いところは、怒られることに慣れていないからすぐに落ち込むところですね。

なんて話をしているときに、講師から文法の間違いについて指摘されました。

~することに慣れていないを英語で

『~に慣れている』は英語で be used to ~ と表現できます。

英英辞典には
to have experienced something so that it no longer seems surprising, difficult, strange
(すでに経験しているので、驚くことも無ければ、難しくも、奇妙なことでもない)

be used to ~ を使うときに気をつけなければいけないポイントが、

to の後には名詞もしくは動名詞が来る

と言うことです。

to の後には動詞の原形を付けてしまいがちですが、be used to の後には ing を付けた動名詞を付ける必要があります。ここが今回指摘されたポイントです。

『彼らは怒られることに慣れていない』は英語で

誤)They are not used to be scolded.

to の後にbe 動詞の原形を続けてしまいました。正しくは、

正)They are not used to being scolded.

<例文> to の後に名詞 ~に慣れている
He is not used to the smell of Natto
彼は納豆の臭いになれていない。(外国人が納豆の臭いに慣れるのは難しいかも。)

She is not used to Japanese summer.
彼女は日本の夏に慣れていない。(日本の夏は、すでに慣れる慣れないの問題では無いですが。)

<例文> to の後に動名詞 ~することに慣れている
I am used to driving on the left.
私は、左側走行に慣れています。(左側走行は慣れないと本当に危険。何度も逆走しそうになりました)

My Dad is used to doing the dishes.
私の父は皿を洗うことに慣れています。(お父さんが家事をするのは当たり前の時代ですね)

タイトルとURLをコピーしました